口臭予防にお勧めの歯磨き粉!善玉菌を残す「マスティック & アロマ」

自営業者として働いていると、会社勤めの頃とは異なり1人で仕事を

している際はエチケットに気をつけなくなりがちです。

41歳男性ともなれば、歯周病を全く抱えていないというケースは

少ないので、口臭対策が必要となることは実感していました。

口臭対策は、欧米のほうが進んでる

海外研修へ行く機会があった時に、口臭対策に対する取り組み方に

国柄が出てしまうと実感したわけです。

アジア系の人達は、体臭が少ない傾向にありますが、欧米人ほど

体臭がある分だけ口臭に効く歯磨き粉とミントタブレットを使って

対策を行っていました。

帰国後に調べてみると、日本で販売されている歯磨き粉は、

ホワイトニング中心で口臭対策向けの製品が少ないことに驚いたものの、

探せば口臭に効く歯磨き粉はあります。

マスティック&アロマを公式ホームページから2160円で定期購入

していますが、今まで使用してきた歯磨き粉とは根本的な違いがあります。

従来は1本300円程度の殺菌剤配合を謳った口臭に効く歯磨き粉を

使っていましたが、発泡剤やスクラブの量が多くブラッシングよりも

爽快感と泡立ちにより磨いている気持ちになった印象が否めません。

マスティック&アロマが口臭対策にお勧め

マスティック&アロマでは、塩化セチルピリジニウムといった殺菌剤は

配合されているものの、口内の常在菌を殺菌しすぎないように、

歯周病の原因となる細菌を多く減らす程度に配合されています。

ジェルタイプとすることで、泡立ちを抑えて本当に歯垢が除去出来て

いるのか確認しながらブラッシングが可能です。

天然ハーブを7種類配合していて、唾液量がある程度出続けるように

工夫されています。

口臭対策には、悪玉菌を殺菌して善玉菌を残すことが重要であって、

唾液量を常に確保出来ることが大切です。唾液には悪玉菌を殺菌し

て口内を清潔に保つ役割を担っているので、口内のph状況と合わせて

健康な状態を保つことが大切です。

大量の研磨剤を配合して、ひたすら堅い歯ブラシで磨くと、口内が

傷ついて見えない出血を起こしてしまうので、口臭の原因となる

悪玉菌の栄養となりかねません。

泡立ちと歯垢除去力は無関係であることを知った上で、合成界面活性剤、

着色料、香料不使用の口臭に効く歯磨き粉を選ぶことが何より重要です。

マスティック&アロマにはグレープフルーツ種子エキスを配合した

タイプの製品もあるので、爽快感と唾液分泌量を更に高めたい場合には

選択してみると良いでしょう。

天然ハーブの香りは、香料とは異なり自然な香りですから、エチケット

として適しています。

歯磨き粉を変えるだけで出来る口臭対策は、手軽に行える方法です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする