歯磨き粉の殺菌成分は口臭の原因に?ナスジェットブラックがお勧め

会社員として勤務していると、顧客との商談が定期的に入ってくるので、

口臭対策は必須となります。

40歳男性ともなれば、体臭と合わせて口臭も気になるので、定期的に

歯医者へ通院していますが、歯周病として歯槽膿漏ぎみになることは

ある程度仕方ないことだと諦めていました。

かかりつけの歯科は、高校時代の同級生で定期的な通院をしているので、

虫歯にならないようにしている状態ですから、同年代の男性よりは

気をつけているでしょう。

それでも歯科医も口臭対策はしっかりしている筈ですから、口臭に効く

歯磨き粉が無いのか聞いてみたことがありました。

研磨剤不使用の「茄子の黒焼き粉」

すると、歯磨き粉自体は使わずに茄子の黒焼き粉に岩塩を混ぜて

磨いているという話をしていたので不思議に思いましたが、歯質が

弱いことが原因で歯科医を目指して研磨剤が入っていない歯磨き粉を

探して茄子の黒焼き粉にたどり着いたわけです。

勤務先でも昼食後に磨くことになるので、流石に茄子の黒焼き粉を

持ち歩く訳には行かないので、近所にあったカワチ薬品で見つけたのが

ナスジェットブラックハミガキ756円でした。

チューブタイプでありながら、キシリトール配合となっていたので、

最初は何となく口臭に効く歯磨き粉っぽいと考えられたからです。

虫歯が無いことは歯科検診で確認していたので、口臭対策として

歯槽膿漏を予防できれば良いと考えました。

ナスジェットブラックハミガキでは、研磨剤は入っておらず

塩が含まれているので、磨いていても歯茎が引き締まる感じが

してきます。

歯磨き粉自体は真っ黒で最初は不思議ですが、磨いた後の爽快感は

今までに無かったものでしたから、満足しています。

殺菌剤入りの歯磨き粉で大丈夫?

口臭に効く歯磨き粉として、殺菌剤入りがもてはやされていますが、

歯科医によると最強の口臭対策は唾液量が多いことだと知りました。

口内を過剰に殺菌してしますと、常在菌まで無くしてしまうので、

口臭の原因菌が時間とともに増えてしまいがちとなります。

歯槽膿漏になっていると、雑菌のエサとなる血液が口内にジワジワ

満たされてしまうので、殺菌剤入り歯磨き粉を使い続けると口臭は

かえって悪化するケースもあると知りました。

歯磨きは、歯垢の除去と歯茎のマッサージが中心ですから、研磨剤と

殺菌剤は口臭に効く歯磨き粉には必要ありません。

消炎作用と塩による引き締め効果があれば、低刺激で唾液の分泌を

促すので、口臭対策としては理想的だと考えられます。

ナスジェットブラックハミガキは、比較的入手がしやすいので、

近所の店に売っていない時には通信販売を利用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする